Posted by at

2009年02月22日

晩白柚の湯

今日は定休日、久しぶりに嫁さんと娘から離れ、一人で銭湯を楽しんできました。

お店の近く今泉「本庄湯」という50年近くの歴史があると言う銭湯を始めて訪れてみました。

マンションビル郡に囲まれた一角でひっそりと佇む、昭和レトロが漂うお風呂屋さんです。










(一番風呂でしばらくはお客一人だったので、写真OKでした)


下足番、番台、着替え棚、体重計、扇風機、湯船、タイル、どれもこれも昭和30年代から

使い込まれていると聞きますが、丁寧に扱われていて独特の雰囲気をかもし出していました。

番台の女将さんに「どうぞ、ごゆっくり」と促され、湯船に入ってみると何と今夜は「晩白柚の湯」。

大きな玉が10個ばかり、ぷかぷかと浮かんで良い匂いを

漂わせています。

しばらくの間は広い湯船を独り占めでしたが、

やがて近くに住む単身赴任のおじさんも入ってこられ、

銭湯の魅力についてゆっくりと湯船談義を行いました。

約一時間かけて、日頃硬くなった筋肉を伸ばしました。







本庄湯の場所です。


風呂上りに体重計に乗ってみると63kg、現役時代に比べて10kg減量できました。

ほぼ学生時代の体重に戻った勘定になります。

嫁さんに付き合って始めたバナナダイエットと、一日2食への変更、飲む日飲まない日のメリハリ

これらが効果となって現れたのかもしれませんね。

如何に今まで「だらだら食い」、「だらだら飲み」の多かった事かと反省しきりです。



さあ、明日から今月のラストスパートです。

今から来週のメニュー作りにとりかかります。  

Posted by あごひげ at 21:17Comments(4)お店の日記