Posted by at

2009年07月06日

常連様の落ち込み

日頃とは違い「意気消沈」した顔つきで常連様が入ってこられました。

大きなため息をついてカウンター席へ、ひどく落ち込んでいらっしゃるご様子です。

一二杯飲んで少し落ち着かれてから、嫁さんが「どうしたんですか」と聞き役に。

こんな時には口下手の私よりも、話相手の上手な嫁さんの方が適役なんです。



何でも前代未聞の失態を演じられたそうで、発生原因や相手さんが思われた心理分析

自身の情け無さなどについて深く反省しながら悩んでおられるのです。

失態内容もお伺いいたしましたが、ご本人の名誉のため、ここでは割愛させていた頂きます。



「理工系で、何事も数学方程式のように体系つけ、結論に結びつけようと悩んでいるのでは?

人生、時には曖昧さも必要かもね。今回の失態は大丈夫、そんなに悩むような事柄ではないわ。

完璧人間だとは思っていましたが、かえって可愛らしいさもある一面を垣間見たくらいですよ。

相手さんもきっとそう思われていることでしょう。

今夜のお酒で洗い流して、来週からまた頑張ってね」と、チョッと人生の先輩としてアドバイスを。

お店を引上げられる時には、普段の顔に戻られていらっしゃいました。

凄いな、嫁さん。

勿論ブログへの投稿は、本人様のご了解を頂いておりますので念の為。  

Posted by あごひげ at 00:30Comments(2)お店の日記