Posted by at

2010年08月24日

中欧旅行記⑧(素敵な現地ガイドさん)

旅行三日目は世界遺産ブタペストの市内観光。

素敵な地元ガイドさんが案内役に合流してくれました。

アンジェラさん、地元ブタペストで中学校の先生です
ユーロ圏ではギリシャのほかハンガリーも
経済危機が叫ばれていますね
平均給与は月7~8万円らしいです
そこで、学校の夏休み期間中は、すこしでも
生計の手助けにと、観光ガイドのアルバイト

大学生時代に大阪外大への留学経験があり、
当然日本語はペラペラ、二人のお子さんの内、
長男には「フジサン」と名前をつけたほど
日本が大好きなハンガリー女性

学校の先生だけあって、ガイドの内容には教養があり、
ユーモアも交えた説明につい聞きほれてしまいます
ずっと彼女の後をストーカーのごとく
離れないようについて行きました。





前夜のナイトクルージングでイルミネーションが

とても綺麗だった「くさり橋」を王宮庭園から

望んでいます。



旧市街の山頂にある王宮、漁夫の砦、ゴシック様式のマーチャーシュ教会を見学した後は

くさり橋を渡って新市街にある市民公園広場へ。


アンジェラさんとのツーショットです

誰にシャッターを押してもらったのか忘れましたが

気を利かせてもう少しアップで撮ってもらいたかったなあ



午後からは一路「ウイーン」へ向かってバスの旅。

昨夜の夕食などは「食べある紀」を覗いてください。  

Posted by あごひげ at 01:39Comments(0)旅行