Posted by at

2011年08月17日

もう少しです

今夜は「送り火」、昔は各家庭の玄関前でオガラを焚いて迎え火や送り火をしたものです。

博多での街並みの中では、そんな風習は滅多にお目にかかれなくなってしまいましたが

旧家らしい軒先には、家紋の入った「盆提灯」が灯ったりして風情が感じられます。

京都「五山送り火」、一悶着ありましたが今夜でお盆も終わり。

お盆が過ぎると、今までの暑さが急にしぼんで行きます。

そう言えば、ずいぶんと日が落ちるのも早くなったし

いつの間にか蝉の声が「クマゼミ」から「ツクツク法師」に変ったし

夕暮れには多くのトンボが飛ぶようになりました。

枕元で涼しそうな虫の声が聞こえるのも、もう少しの辛抱です。  

Posted by あごひげ at 00:00Comments(2)日記