Posted by at

2011年10月06日

大好きな読書

秋がめっきり深く感じられるようになりましたね。

スポーツの秋、ファッションの秋、食欲の秋、読書の秋など、秋はどの場面でも最高です!

でもこの歳になると、前の三つは当然卒業、やはり読書の秋に魅かれます。

「じぃじ」の好きな分野は、肩の凝らない物で

 ・エッセイや紀行文
 ・ノンフィクション
 ・ミステリー  などです。

これに最近凝りだしたのが「時代劇小説」。
  
  池波正太郎   「鬼平犯科帳」 「剣客商売」シリーズ
  平岩弓枝    「御宿 かわせみ」シリーズ
  諸田玲子    「天女湯おれん」 「お鳥見女房」シリーズ  などをむさぼり読んでいます。   

いずれも、古き良き江戸時代、粋で人情味の溢れた当時の情景が描かれておりますが

何かしら、現代にも通じるようなテーマが垣間見えて、はっとするときがあります。  

Posted by あごひげ at 00:25Comments(0)日記