Posted by at

2012年03月25日

湯屋のはなし

今週一週間分の仕込みを終えてから、二週間ぶりに湯屋へ。

時刻は夕方の六時、男湯は常連のご隠居さんは早くも終えたのか、私一人風呂。

それに引き替え、壁むこうの女湯からは賑やかな「お喋り」が。

そこで川柳から一句、「大声もない 女湯のやかましさ」。

それぞれが大声を出しているわけではありませんが、みなさんよくしゃべるので

湯気にこもって女湯全体が何とも騒がしい状態です。

男湯と女湯、混み具合に時間差があるみたいです。

お女将さん曰く、男湯は夕食前の夕方、女湯は夕食片付け後の夜がピークだそうです。  

Posted by あごひげ at 21:13Comments(0)お店の日記

2012年03月24日

天然クレソン

山歩きが好きなお隣さんからお土産を頂きました、天然のクレソンです。

たくさん頂いたので家で食べきれず、お店でも使わせてもらいました。

ピリッと後味に残る好ましい辛さと香味、しかも「えぐみ」や「いやみ」がまったくありません。

この食感を活かしてランチメニューの添え物に。










クレソン、トマト、新玉ねぎ
冷水に浸した後、よく水切りをしたうえで
ざっくりと混ぜて、自家製ドレッシング





お客様の対応に追われてしまい、作品は撮り損ねてしまいましたが

存在感のある添え物サラダで好評でした。天然物は断然違いますね。



蕗の薹、菜の花、ワラビ、春キャベツ、新牛蒡、新玉ねぎ、筍などなど

これからの季節、春野菜が店頭に並び始めると、何かこう、浮き浮きした気分になってきます。  

Posted by あごひげ at 11:37Comments(0)お店の日記

2012年03月22日

ここは何処でしょうか?

















「京都・大原三千院、恋に疲れた女がひとり
  結城(ゆうき)に塩瀬(しおぜ)の素描(つむぎ)の帯が
     池の水面(みなも)に揺れていた
         京都・大原三千院、恋に疲れた女がひと~り」

ボニー・ジャックス「女ひとり」を思い描くような庭園ですね。



ここは何処でしょうか? 京都でも、有名な寺社庭園でもありません。

この度「渡辺通り」に新装予定の「電気ビル・共創館」グリーンスペースです。


ビルの裏側には、このような趣のある散策道や「憩の広場」が。

完成オープン間際に、ちょこっと忍び込んでシャッターを押してきました。

1Fのスペイン風「バル&カフェ」は早くもオープン

じぃじの息抜き場所がもう一か所増えました。  

Posted by あごひげ at 08:09Comments(0)お店の日記

2012年03月21日

遠方から

先週は東京、大阪と、遠方から珍しいお客様が続きました。

いづれもこちら博多でお仕事を済ませた後、お立ち寄りくださいました。

「じぃじ」現役中に仕事上で大変お世話になった方々です。

料理の最中には、ご相伴に預かったり、昔話に花を咲かせたりしながらの楽しいひと時でした。

提供したお料理内容は
 A  お通し (筍、ワカメ、青菜の酢味噌和え)
    お刺身 (鯛、カンパチ、サーモン)
    天麩羅 (海老、ヤリイカ、蕗の薹、カボチャ、ホタテ・銀杏・牛蒡のかき揚げ)
    鶏つくね焼き
    にゅう麺


 B  お通し (蕗の薹味噌  ワカメの酢の物)
    おでん (牛すじ、大根、ごぼ天)
    穴子のカツレツ
    手造り水餃子
    エイヒレの干物
    蕗の薹のお味噌汁


お互い無我夢中で仕事に没頭した若かれし頃の思い出話に、あっという間の時間でした。

またの再会を楽しみにしています、ご来店誠に有難うございました。  

Posted by あごひげ at 12:09Comments(0)お店の日記

2012年03月20日

女性一人旅

誰にも気を使うことなく自分のペースで一人旅、いいもんです、じぃじも大好きです。

唯一困るのは夜の食事、周りでにぎやかにやっている所で、一人での寂しい食事。

先日、娘ほどの若いチャーミングな「女性客」がお一人でお見えになられました。

男性でも新規のお店へ入るのは気が引ける思いがするのに、彼女のご来店に感心いたしました。

飛び石連休を利用して福岡・佐賀両県のお城や史跡巡りを思いつき、東京からやってこられたとか。

お酒がお好きなようで、一人旅、一人酒はちっとも寂しくないと。

彼女の心意気に意気投合しカウンター越しのお喋りで、じぃじも嫁さんも大いに盛り上がりました。

お料理は
   お通し (ワカメと青菜の酢味噌和え、ラッキョ)
   鰆の西京味噌漬け焼き
   エイヒレ干物
   チーズとトマト サラダ

お酒  八海山 吟醸
焼酎  耶馬美人 赤兎馬 赤霧島


東京へ帰られてからも、ぜひお元気でセールス営業ご活躍ください。

機会ありましたら、ぜひ今度は「良い人」と共にペアーでお越しください。

ご来店誠にありがとうございました。  

Posted by あごひげ at 13:45Comments(0)お店の日記

2012年03月17日

まかない

お昼営業を終えたまかない料理は、だいたいランチの残り材料で済ますのですが

この日は食材全てが捌けてしまったので別メニューを。

白ワイン、ホイップ、ウニクラゲを合わせたソースで

パスタを作ってみました。

思いつきの作品ですが意外とおいしかったです。

ウニの代わりに明太子も良いかも

次回トライしてみましょう  

Posted by あごひげ at 00:10Comments(2)お店の日記

2012年03月13日

落し物騒動

ある日、お客様が日替わりランチを食べ終えられてから、

テーブルや椅子の周りを何か真剣に探していらっしゃいました。

じぃじ :「どうされました、何か落とされたんですか?」

お客様:「お恥ずかしいものです...」

じぃじ :「???  このお店で無くなったのでしょうか?」

お客様:「はい、食べる時にはあったんですが...」

じぃじ :「何をお探しですか?」

お客様:廻りのお客様に聞こえないように、じぃじの耳元でそっと
     「お恥ずかしいものです...000です」

じぃじ :「判りました、後で探しておきますから、連絡先を教えてください」

結局その時は見つけることができず、諦め顔をしてお客様はお帰りになり...



夜の仕込みを終え、営業前の最終点検時にそれを発見。

お客様の椅子からだいぶ離れた床の片隅にそれはキラッと転がっていました。

じぃじ :「落し物が見つかりましたよ、どうしましょう、お送りしましょうか?」

お客様:「次回伺う時まで預かっておいてください」

じぃじ :「困られませんか?」

お客様:「多分、大丈夫です...」



「落し物騒動」はそれにて一件落着です。

お恥ずかしい落し物、それは、小さな小さな「入れ歯」でした。

多分、食後に爪楊枝をお使いになった時に飛び出たのでしょう。

(本投稿についてはお客様のご了解を頂いております、念の為。)  

Posted by あごひげ at 08:00Comments(0)お店の日記

2012年03月11日

朝食はしっかりと

朝食をしっかりと食べます、それもほとんど毎日和食。

パン食は時間や手間はかかりませんが、腹持ちが悪くすぐお腹が空いてしまうし

何か喉につかえるような感じがして...

今朝の内容
キャベツの味噌汁
 鯖の塩焼き
  ワカメと菜っ葉のお浸し
    糠漬け




平日の食事ボリューム比率は
   7:30    朝食     30%    
  13:30    昼食     50%    
           夕食     なし
  23:00    晩酌     20%    こんな所でしょうか

 夕食なしには、もう慣れてしまいました。
 おかげで、体重も健康値(血圧・尿酸値・GTP)もすこぶる好調です。  

Posted by あごひげ at 12:52Comments(0)お店の日記

2012年03月10日

ようやく芽吹きました

啓蟄の時期、ようやく草花たちも可愛らしく芽吹き始めてくれました。

チューリップ

年末に球根を10株ほど植えました

綺麗な花が今から楽しみです


 梅

花は咲くのですが、実がもう一つ

なんでやろ?

でも、ほのかな匂いに誘われて

鶯さんが時々訪れてくれますよ
  




沈丁花

もう少し咲きそろうと

何とも言えない良い香りが庭一面に







このように草花たちを見ていると、さすがに春の訪れを感じさせられますが

昨日今日と、また寒さが逆戻り。

桜の開花も今年は少し遅れるみたいですね。  

Posted by あごひげ at 12:54Comments(0)日記