Posted by at

2012年05月13日

自治会からのお誘い

輪番制で回ってくる自治会・組長さんを引き受け、定期総会に初めて出席。

「自治会関係、今までは私が対応してきたけれど、サラリーマンと違い自営業なんだから

これからはあなたも積極的に参画してね」と、嫁さんから頼まれていたのです。

なるほど出席してみて、自分が住んでいる街の活動状況が見えてきました。

650世帯、戸建て60%、集合住宅40%、この辺りでは比較的大きな自治会だそうです。

交通安全・防犯パトロール、運動会・ラジオ体操、美化清掃、高齢者見廻りなどの活動報告。

はい、これからは時間が許す限り出席させてもらいます。

会議も終り帰宅しようと席を立つと、品の良い年配女性から呼び止めら....

シニアクラブ・会長さんでした。

会長: 「シニアクラブに参加してください、高齢化が進み、若い方大歓迎します」

じぃじ: 「参加資格は何歳から?」

会長: 「だいたい、60歳前後からOKよ」

じぃじ: 「会員数は?」

会長 : 「72名、その内、80歳以上の元気なお年寄りが34名」」

じぃじ: 「どんな活動をされているんですか?」

会長: 「お花見、暑気払い、ラジオ体操、お月見、亡・新年会、バス小旅行などよ
      そりゃあ、楽しい会ですから、奥様とご一緒にぜひどうぞ」

じぃじ: 「今は仕事を抱えていますので、無理だと思います
      やり終えてから、参加させてください」



亡くなった義父に対し会への参加を薦められたのが、ついこの間のよう。

ついに、「じぃじ」もシニア・老人会からお誘いを受ける歳になってしまうとは....

と、ほ、ほ、ほ、ほ...  

Posted by あごひげ at 22:05Comments(0)日記