Posted by at

2012年05月30日

免許更新に

四国・高松時代、社宅の前には瀬戸内海、海水浴場やヨットハーバーがすぐ目の前にありました。

当時小学低学年の娘が「ヨットスクール」へ入ったのを機会に、私は船の免許を取りました、20年前。

当時の「海技免状」はB6サイズぐらいで、とても趣きのある免許でしたが

今では車と同様名刺サイズになってしまい、とても失望しています。

先日は免許更新受講へ、日曜日にもかかわらず参加者はたったの7人、それも高齢者ばかり。

港湾法、河川法、漁港法、各自治体の条例などで、不法係留の取り締まりが厳しくなり

年々、プレジャーボート数は減少しているようです。

全国で
 モーターボート  20万隻
 水上オートバイ  7万隻
 ヨット         1万隻   たったこれだけです。

欧米のように、もっともっと保管施設を多くして、係留維持費をもっと安くできればいいのですが。

レンタルボート基地ももっとあって良いと思います。  

Posted by あごひげ at 00:08Comments(0)日記