Posted by at

2012年11月17日

和食とヌーヴォー

昨夜は飲み物に「ボジョレー・ヌーヴォー」を選ばれるお客様が大半でした。

和食とヌーヴォー、意外と相性が良いんですよ。

葡萄の香りが何とも言えずフルーテイ、渋みの少ないフレッシュなワインなので

料理はいつもよりほんの少し濃いめの味付け。

穴子のカツレツ、和風ハンバーグ、イサキの煮付け

季節野菜のオリーブ油焼き、チーズ盛り合わせ、 などが相性ピッタリとご好評でした。





車通勤なので解禁後もお店ではもっぱら提供するだけで

自身はまだ「12年物」を試していませんでした

料理人として「これではだめだ」と、変な理屈をつけて

帰り道、深夜営業のお酒屋さんに飛び込んだ次第


ヌーヴォーで一人晩酌か、ちょっと寂しいですね。

産地はブルゴーニュ、醸造者はジョルジュ・デュブッフ、

格はボジョレーAC、葡萄種はガメ種とラベルにありました

肴は「和風とんかつ」

大根おろし、貝割れを乗せて和風出し

(お昼の余り食材です、念の為)  

Posted by あごひげ at 12:29Comments(2)お店の日記