Posted by at

2012年11月20日

杞憂に終わり、、、

数人でお越しのお客様の中に欧州系顔立ちの方が一人いらっしゃいました。

ナイフとフォークをお出ししようか、お箸で大丈夫だろうか、とこちらが心配していると

仲間内で、ぺらぺらと流暢な日本語をしゃべられているのに一安心。

さらに、主菜のお魚料理、小骨も皮も綺麗に食べ終えられているではありませんか。

そこらの下手な日本人より、よっぽど上手な魚の食べ方を拝見することになりました。

しかも「とても美味しかったです、ごちそう様でした」と、きちんと挨拶をしてお帰りになり

料理人にとって気分の良い一日でした。

  
タグ :ヨーロッパ

Posted by あごひげ at 07:25Comments(0)お店の日記