Posted by at

2013年03月31日

桜エビ

旬の食材、駿河湾産の「桜エビ」を頂きました。

例年この時期に会社の先輩から届きます

余りにも美味しく、季節感あふれる食材です




夫婦二人して食べきれないので、お店でも使わせてもらうことにします

ありがとうございました  

Posted by あごひげ at 21:06Comments(0)日記

2013年03月31日

チューリップの歌

咲いた 咲いた チューリップの花が
     
    
     

      並んだ 並んだ  白 黄色
             
          

                 どの花見ても きれいだな




昨年の暮れ、寒い時期に植えておいた球根が、

こんなにも可憐に咲いてくれました

よく見ると蜂さん達が嬉しそうに

花弁の周りを飛び交っています



  

Posted by あごひげ at 00:10Comments(0)日記

2013年03月30日

今年は違うぞ

我が愛する阪神、今年は久しぶりにプロ野球の開幕戦勝利です。

例年スタートダッシュは調子よくても、夏の甲子園高校野球の頃にはヘバッてきて

終わってみれば、ここ数年低迷が続いています。

春と夏2回も高校野球のためにホームグラウンドを明け渡し

長期のビジター遠征をしなくてはならない我がチームは

それでなくても相当なハンデイーを背負わされています。

でも今年は違います、補強選手も増えたし、何より全員の顔つきが変わった気がして。

シリーズ優勝の美酒を夢見て、今年も一年応援し続ける虎キチ「じぃじ」です。  

Posted by あごひげ at 00:35Comments(0)日記

2013年03月24日

別れと出逢い

卒業式、入学式、入社、定年、転勤、引っ越しと、

桜シーズンは「別れ」と「出逢い」が交差する複雑な気持ちになります。

この歳になると、どうしても「新たな出逢い」より「名残惜しい別れ」の方が印象深くなりがちですが

お店をやっている関係上、そうも言っておられません。

日々新たな出逢いに喜びを感じるようにならなくては。



まわるよ、まわるよ、時代はまわる
別れと出逢いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも生まれ変わって歩き出すよ  

Posted by あごひげ at 21:51Comments(0)お店の日記

2013年03月20日

お食い初め

孫の「お食い初め」に両家の家族がご招待。



母子ともに恥ずかしがり屋なので本人の掲載写真はご容赦いただきますが

綺麗に盛り付けられたご膳の前で、主役の孫は立派に役目を終えたあと

お乳を貰ってから、すやすやと眠りについてくれました。

実は今日初めて孫を抱かせてもらいました

ずっしりと重く、足の指が長く、二重瞼を発見しました。

じぃじ、ばぁばの顔をみて、にこっと笑ってもらえるようになりました。

  
タグ :お食い初め

Posted by あごひげ at 12:25Comments(0)日記

2013年03月19日

ゆったりと晩酌

帰宅後、休み前の晩は一番ゆったりできるひと時。

明日は目覚ましで起こされることもないので、時間を気にせず晩酌を楽しんでいます。

いつもだと深夜TVニュースと夕刊を同時に見ながらの慌ただしい晩酌ですが

今夜は久しぶりにアップしながらの余裕の晩酌です。


今日の昼間、なんか市内は、ぼや~と霞んでいました、黄砂でしょうか。

街並木の「こぶし」も散り始め

あちこちで「桜」が咲きだしました、いよいよ春本場

ダウンや毛糸の帽子、マフラーも、もう必要ないでしょう


明日はクリーニング屋さんへ行って、天気が良ければ洗車でもしましょうか。  

Posted by あごひげ at 23:40Comments(0)お店の日記

2013年03月15日

なんで福岡が?

太平洋側の鹿児島、宮崎、高知よりも早く、今年は福岡市が早くも桜の開花宣言。

日本海に面した福岡がなんで?  海流?黄砂?PM2.5?。

ここ一両日、前日との気温差が10度以上も異なるため桜も迷ったのでしょうか。

例年より10日ほど早い開花宣言ですので、

4月の入学式シーズンには桜並木の下で記念写真を撮ることができないかもしれませんね。

ちょっと、気の毒な気がします。  
タグ :黄砂PM2.5

Posted by あごひげ at 00:02Comments(0)日記

2013年03月10日

遠方より、友きたる

今週は遠方よりはるばると、2組の元職場の同僚たちがお店を訪れていただきました。

大阪からの友は、長崎からの出張帰りとかで、博多で途中下車。

帰りの最終便まで2時間ほどしかなく、あわただしいひと時でしたが、

四国時代と大阪時代、同じ部署でがむしゃらに働いていた頃の思い出話に花を咲かせながら

料理を提供させていただきました。

内容は
  お通し   ポテトサラダ、自家製漬物盛り合わせ
  お刺身   カンパチ、帆立、アジ
  穴子のカツレツ
  鰤の照り焼き
  菜の花、若芽、カナギ、酢みそ和え
  にゅう麺
  

またの再開をお互い約して、最終新幹線で帰阪されました。




もう一組は同期入社の友が東京から、九州支社への出張を終えて訪ねてくれました。

この3月末で会社を完全リタイヤするとの事、43年間のお勤めお疲れ様です。

今後の事を聞くと今は白紙だとか、でもバイタリティ一な彼の事まだまだ引退は考えていない筈です。

昔と違い今の65歳はまだまだ元気、健康でいる限り「生きがい就労」を続けていきたいものです。


提供した料理は
 鯛のカルパッチョ、雲丹クラゲ
 豚しゃぶサラダ
 水餃子
 メンチカツ
 菜の花 若芽 カナギ 酢みそ和え
 鯛ソーメン


お店を上がった後は同期の二人だけで合流痛飲しました。

多分、今宵が今生の別れになるかもしれませんから(笑い)。  

Posted by あごひげ at 00:04Comments(0)お店の日記

2013年03月02日

春の匂い

朝起きて雨戸を開けてみると、甘~い春の匂いが漂っています。

「沈丁花」と「梅」の花が咲きそろいました、梅の花数が少ないのが少々気がかりですが。
























「桜切るバカ、梅切らぬバカ」と古くから言い伝えられてきたように

梅の木は冬の間に少しでも剪定を惰ると、春になってから蕾が生えそろわないのです。

昨年の剪定作業が甘かったのかもしれません。



ここ2・3日暖かかったのですが、今日からまた寒さが逆戻り。

薄手のコート、厚手のコート、どちらにしようか迷ってしまいます。

新聞に「三寒四温」「春一番」「春場所番付」と言うような記事を見るにつけ

春はもうすぐそこにまで、と言う感じです。

柔らかくて美味しい春野菜も出回ってきました、春の新メニューを考えなくては。  

Posted by あごひげ at 13:17Comments(0)日記