Posted by at

2015年01月30日

50年ぶりに日光へ

高校生以来、50年ぶりに日光を訪れました

宇都宮に赴任している息子からの音沙汰がこの所めっきり少なくなったので

生きているのか死んでいるのか様子を見てきてと嫁さんから頼まれていました

便りの無いのは元気な証拠だと男親のじぃじは思っているのですが

そこはやはり母親、息子の事がとても気にかかるらしいのです

そこで大阪に行く用事があった昨年の秋、思い切って栃木まで足を延ばしました

宇都宮到着が金曜夜7時、当然晩飯を一緒にと携帯で連絡をとればまだ会社、残業とかでドタキャンに

一人わびしく駅裏の安居酒屋での夕食に相成る始末

翌土・日曜の二日間、日光・鬼怒川温泉に一泊旅行の男・二人旅

日光はちょうど紅葉真っ盛り、天候も良く、いろは坂、男体山、華厳の滝、戦場ヶ原、東照宮を巡りました







投宿した鬼怒川温泉の女将さんは夕食時

「母娘の親子旅は多いですが、父・息子の二人旅とは珍しい、優しい立派な息子さんでお父さんは幸せですね」と

息子が親孝行にと旅行プレゼントをしているものと一人合点、説明するとややこしくなるので二人黙って味噌汁をすすっていました

翌朝現金を息子に渡し、フロントで会計をしていた女将さんへは二人分として息子の財布から支払ってもらいました。


何はともあれ毎日元気に働いている様子が判った事,下腹も出てもうすっかり中年おじんになっていた事などを

旅行写真を添えて嫁さんに報告しました  

Posted by あごひげ at 13:25Comments(2)旅行