2010年01月31日

お役所言葉の虚しさ

日頃、お店の仕込中はラジオを聴きながら行なっています。

先週は、国会・予算委員会の中継でした。

霞ヶ関のお役人が作成した原文を、ほとんどそのまま棒読みする担当大臣もいましたね。

我々一般市民にとって、「お役所言葉」はなぜか空虚に響き、むしろ不快感さえ抱いてしまいます。

公開された討論ですので、もっと判り易く、正確に悪い印象を与えずにやれないものでしょうか。

一例を挙げると
 諸般の事情により...       (役所の外にいる我々には、事情などわかる筈もありません)
 鋭意努力致す所存...       (努力が実ったためしがありません)
 遺憾に思う...            (本当に思っているのですか)
 粛々と予算執行...         (粛々と河を渡る、ではなかったでしょうか)
 真摯に受け止め...         (真摯なんて普段使わないので、意味が理解できません)

また、やたらと「お」「ご」「尊敬語」「謙譲語」が目障りで、かえって嫌味に聴こえてしまいます。
 ご議論賜りたい...         (議論しましょう)
 ご配慮いただきたい...      (考えてほしい)
 〇〇させていただく...       (〇〇する)     などの表現でよいのでは。

「過ぎた丁寧語」を使う政治家は、本心を無理に隠しているように思われてなりません。


同じカテゴリー(お店の日記)の記事画像
山笠も終わり
カミナリ三日
ねばり勝ち
折り返し
仕込み
男女の違い
同じカテゴリー(お店の日記)の記事
 突然ですが (2013-12-28 13:54)
 一気に... (2013-11-10 20:29)
 OFFの一日 (2013-11-04 21:27)
 今年も後2か月 (2013-10-31 23:43)
 婿殿 (2013-09-15 08:00)
 遅い夏休み (2013-09-14 13:51)
この記事へのコメント
こんにちは、
どこの国でも自分の税金がどう使われているのか分からない
から余計お役人の言葉が空虚に響くのだと思います。
ダラスにきて固定資産税が高いのにはまいっていますが、
この自分の税金が何に使われているか明確に分類されて
納税所に書かれています。

日本での税金の使われ方がもっと明確になれば、納税者の
興味も沸くのではないでしょうか?
Posted by テキサスバーガーテキサスバーガー at 2010年02月08日 12:07
英語には「尊敬語」や「謙譲語」がないので、シンプルでいいですね。
自分が払った税金の「使途明細」、ぜひ知りたいと思います。
Posted by あごひげあごひげ at 2010年02月10日 01:49
はじめて拝見いたしましたがこれからも読みに訪れたいと思います。お願いします。
Posted by 真性童貞 at 2011年06月15日 10:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。