2010年09月24日

中欧旅行記⑯(チェスキークルムロフ)

六日目の朝、余りにも天気がいいので、朝食前にホテル近辺の散歩へ。

ザルツブルグ市郊外の住宅地、バスは電気トロリー式で音も煙もなくスムースに走っています。

7時を知らす教会の鐘が遠くから鳴り気温は12~3℃ぐらいか、とても気持ちの良い散歩でした。

朝食後は、 201km 約3時間かけてバスの移動
 ザルツブルグ ~ モント湖 ~ リンツ ~ チェスキークルムロフ 
「チェコの曲がりくねった」という意味で、人口はわずか15,000人、’92年に世界遺産に登録

お城から旧市街地を見下ろしています

大戦時にはドイツ占領下に
おかれていたにもかかわらず
よくもまあ、古いままで残っているものだなあ、と
つくづく感心



市街地からお城を見上げています

モルタブ河では若者達がカヌーやラフティングに
     水しぶきを上げて (この日も猛暑)









旧市街ラトラン地区

中央広場前のカフェで涼を求めて一服









観光後は、またバス移動   チェスキークルムコフ ~ プラハ  178km 約3時間

19時30分、まだ充分明るいプラハに6日ぶりに戻ってきました、嬉しい2連泊です。

今夜は、本場チェコビールを楽しむ「ビヤホール」での夕食です。

この日の歩数は13,600歩でした。


同じカテゴリー(旅行)の記事画像
50年ぶりに日光へ
密室で根競べ
タイ大水害が心配
中欧旅行22(プラハ)
中欧旅行記21(憧れのマイセンでしたが....)
中欧旅行記⑳(ドレスデン)
同じカテゴリー(旅行)の記事
 50年ぶりに日光へ (2015-01-30 13:25)
 ユーロ高に感謝 (2013-02-19 08:00)
 密室で根競べ (2013-02-16 01:08)
 スキポール空港 帰国編 (2012-12-15 15:04)
 スキポール空港 続き (2012-11-13 00:07)
 スキポール空港 (2012-11-07 23:56)
Posted by あごひげ at 10:17│Comments(2)旅行
この記事へのコメント
日本も昔の物が消えてつまらない町の景色になってしまい残念ですね。
アメリカは切っても切っても金太郎の町景色。
欧州はいいですね!!!食べ物、飲み物も美味しいし!!
Posted by テキサスバーガーテキサスバーガー at 2010年09月29日 10:42
わが国はどの駅前も、コンビニ、ほか弁、ドラッグストア、銀行と同じ景色ばかり。その町の特色が消えてしまいましたね。
ヨーロッパにはどの町にも旧市街が残っていて、市民全体で大切に守っていくことを誇りにしています。感心させられますね。
Posted by あごひげあごひげ at 2010年09月30日 01:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。