Posted by at

2015年01月31日

オシドリ鶯の絆

先日、我が家にある蹲(つくばい)のそばで無残な姿に引き裂かれた鶯の亡骸(なきがら)を発見しました

水浴びをしている最中にノラ猫かイタチかに襲われたのか

そのまま廃棄物として捨てるには忍びないので、土の中に手厚く戻してやりました

するとどうでしょう2~3日後の事、庭の手入れをしていると私の存在を気にする様子もなく

埋めた個所を木の上からじっと見つめたまま逃げようとしない一匹の鶯がいるではありませんか

オシドリ鶯の絆に感動させられ一瞬ウルウルと来てしまい

「早く、また良き伴侶を見つけてこいよな~、待ってるで~」

飛び去る可憐な鶯にそうつぶやいた「じぃじ」でした


  

Posted by あごひげ at 14:10Comments(2)日記